月刊 「Kiss」で連載中の海野つなみさんの漫画「逃げるは恥だが役に立つ」(以下「逃げ恥」)がTBSでドラマ化され、平均視聴率20%超えを達成!2016年の秋冬を代表するドラマとして話題になりましたね!

で、何がそんなに面白かったの?
​恋ダンス?

「雇用主と従業員」の関係から「共同経営責任者」へ…

いやいや、やっぱり「内容」が良かった〜! 

職ナシ彼氏ナシの主人公・森山みくりが、恋愛経験の無い独身サラリーマン・津崎平匡と、あることがきっかけで 「仕事としての結婚」 をすることに。夫=雇用主、妻=従業員の雇用関係で恋愛感情を持たないはずが、同じ屋根の下で暮らすうち、徐々にお互いを意識し出す妄想女子とウブ男… はたして契約結婚の行方は !?新しい 「結婚」 の形、そして 「仕事」 について考えさせられるとともに、個性豊かな登場人物たちとの人間関係も交え、笑って泣いてキュンとする社会派ラブコメディで見る人に元気をお届けします !!

引用元:TBSテレビ 火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』introduction より


「夫=雇用主、妻=従業員」という関係からはじまった夫婦生活。 ハグの日や新婚旅行を経て少しずつお互いに対する気持ち(愛情)に気づいていく2人…。筆者を含め、結婚や子育てを通じて「夫婦のカタチ」に向き合う男女の間では、新垣結衣さん演じる妻の森山みくりと、星野源さん演じる夫の津崎平匡が最終回でどんな関係に至るのか?に興味津々でした。

そうした中で最終回に平匡から飛び出した台詞がコレ!

「夫が雇用主で妻が従業員、そこからして間違っているのでは。主婦も家庭を支える立派な職業になる、そう考えれば、夫も妻も共同経営責任者」

主従関係的な夫婦のカタチを超えて、互いを「一つの家庭を支える対等な存在」として認め合う…「共同経営責任者として、働き方や暮らし方を一緒に模索していく夫婦になる」という結論に大共感!なラストとなりました。

逃げるは恥だが役に立つ…これこそまさに「世帯経営」!!

それというのも、逃げ恥は「世帯経営」そのもの!だったんですよね。

産前・産後の夫婦のパートナーシップを強くする!両親学級「世帯経営セミナー」

子どもを授かって嬉しいと思う反面、実際に夫婦の間に一人二人と加わっていくと、家事や育児、働き方のことなどで衝突する機会が増えるもの。その理由の一つに「夫婦でキャリアを考える機会の不足」があります。どんな自分・夫婦・家族でいたいか?子育て期に夫婦で共有すべきこととは?「わたし」だけでなく「わたしたち」で人生を創っていくためのヒントをお届けします。子育て中のご夫婦はもちろん、妊娠中のご夫婦、これからお子さんをお考えのご夫婦、新婚さん、結婚前のカップルさん、ぜひご参加ください!(原則として、ご夫婦・カップルで参加頂いております)

日時:2017年1月21日(土)13:00~15:00(12:45〜受付開始)
会場:ibb fukuokaビル 6階(福岡市中央区天神2丁目3−36)
詳細はコチラから https://www.3522navi.com/events/archives/39

原作の漫画・ドラマ共に、子無しの新婚夫婦が描かれてはいますが、子どもの有無や共働きか専業かに関係なく、「自分たちにあった夫婦・家族のあり方」を模索していこうとする姿勢が「長く幸せな夫婦で居続けるための秘訣」だと思います。

高度経済成長期を支えた「男が稼いで女が家を守る」という昔ながらのスタイルを否定するものではありませんが、それは夫婦納得の上の結果なのか?どちらか一方が主張した結果なのか?なんとなくそうしてきた結果なのか?

特に、夫婦二人の間に「子ども」という存在が加わるようになると、家事と仕事だけでなく、日々の育児やお金、住まい、余暇の使い方など様々なことで衝突する機会が増えるもの。「対話を通じて合意できる夫婦関係」の重要性を、ありとあらゆる場面で感じることになるでしょう。

他の誰でもない「自分たち夫婦」としての道を歩んでいけるように…

わたしだけでなく「わたしたち」だから描ける今と未来を感じたい。
夫婦だからこそ「現実」に向き合えるようになりたい。
対話を通じて合意形成できるようになりたい。


そんな思いを持つご夫婦を、2017年も 両親学級「世帯経営」セミナーを通じて、引き続き応援できればと思います!

素敵な年末年始でありますように。皆様良いお年をお迎えください!