その時間は「母親だけ」の宝物?

はじめての子育てに奮闘するママたちに向けて制作されたユニ・チャーム株式会社のおむつ「ムーニー」のCMが話題になっていますね。自身もママである歌手の植村花菜さんの歌に合わせて、「ワンオペ育児」の様子が描かれているわけですが、父親の登場シーンが少ないことに加え、CMの最後にあらわれるフレーズ「その時間が、いつか宝物になる」が、どうやら炎上の的になっているようです。

実際のCMに接して筆者が最初に思ったことは「その時間が、母親だけの宝物になるのってどうなんだろう…夫婦にとっての宝物にできたら良いのになぁ」というもの。

動画の内容自体は産後間もなかった頃の自分を見ているようで本当にリアル。所々で夫の支えがあったとしても、はじめての育児は特に「母親だけ」でもがいてしまう時期があって、孤独感や緊張感と戦いながら進める家事・育児は、やっぱり大変でした。

数年前に話題となったアメリカのグリーティングカードメーカーの「母の日のキャンペーン」の動画でも、母親業を「世界で一番過酷な仕事」と表現するなど、日本に限らず、母親は忙しくて大変な存在とされているようで。母親たちの多くが、こうした現実に向き合っています。

  • 「世界で一番過酷な仕事」と書かれた求人広告を見てきた人と、ビデオチャットで面接を実施した様子が映し出される動画。想像を超えた労働条件に「ありえない」「クレージーだ」と呆れる求職者たちが映し出される中、その仕事が「お母さん」だと知った時の様子…笑いと涙、深く納得した表情がとっても印象的。
  • 職  種:Director of Operation(現場総監督)
  • 勤務時間:基本24時間(週135時間以上/週7日)、徹夜あり、休憩はほとんど無し
  • 必須能力:交渉力、交際力、医学、金融学、栄養学
  • 特  徴:複数のプロジェクトを担う
  •      立ち仕事で体力を使う仕事が多い
  •      常に周りに注意を払う必要がある
  • 備  考:休日やクリスマス、正月にはさらに仕事が増える
  •      ランチはすべての同僚の後に食べることになる
  •      すでにこの仕事を担ってきた人(先輩)が数十億人いる
  • ​給  与:0円(ボランティアのような感じで完全無給)

 

サムネイル

その時間を「夫婦の宝物」にできますか?

筆者もあらためてこの2つの動画を見て、実家の母のことを思い浮かべました。そして、涙しました。こうしたストイックさで家族を支えてきてくれた世代のお母さんたちが確かにいる。そのことにまず、頭が下がる思いがしたからです。

しかし、今を生きる母親たちが…大切な我が子のお母さんとしても頑張っている妻が…今もなお、ここにある動画と同じように過酷な状況に陥っているとしたら?いつまでも「世界で一番過酷な仕事」と言われる状況を、お母さんたちの「当たり前」にし続けて良いのだろうか?という疑問が湧いてきます。

性別や働き方においても「多様性」が認められる時代。

過去に習うべきは習い、受け継ぐべきは受け継ぎながらも、「お母さんだから」という理由だけで過酷な仕事を一手に引き受ける必要はないはず。むしろ過酷に感じられる状況を、夫婦で協力して変えていくことが大切なのではないでしょうか。

その時間が、母親だけでなく「夫婦にとって」宝物になるように。
産後を楽しく振り返ることができる夫婦になれた素敵ですね。

お母さん、ありがとう!

何はともあれ、今日、2017年5月14日(日曜日)は「母の日」!

 

産んでくれて、ありがとう。
育ててくれて、ありがとう。
お母さん、ありがとう。

 

皆さんが、優しい気持ちでそれぞれのお母さんに感謝を伝えられる1日でありますように。

そして、この先お母さんという仕事が「幸せな仕事」「愛される仕事」などと紹介されるようになり、今よりもっとポジティブなイメージで「いつかお母さんになりたい!」「もう一人子どもを産みたい!」と思う人が増える社会になっていきますように。

今日が素敵な「母の日」になることを、心から願っています!^^

「夫婦会議」を始めてみませんか?

ふたりのペースで「夫婦会議」を始めてみる!

夫婦で産後をデザインする「世帯経営ノート」
https://www.3522navi.com/guide/archives/52

子育て期のご夫婦が、夫婦・家族の明るい未来に向けて「夫婦会議」を進める際にお役立ていただける、書き込み式のノートブックです。産後も仲良し夫婦でいるために何を話し合えば良いか。幸せな家庭づくりに向けて、どのように協力し合っていけば良いか。

家事、子育て、仕事、お金、住まい、セックス、自由時間、美容と健康、祖父母との関係など、テーマごとに設定された質問や例題に夫婦で回答する内に、夫婦のパートナーシップが強くなっていきます。わが子に幸せな家庭環境を創り出していける夫婦になるために。大切なことを前向きな気持ちで対話できる夫婦であるために。夫婦・家族の明るい未来に向けて、ぜひ一家に一冊お持ちください。

よその夫婦と「夫婦会議」を始めてみる!

夫婦会議体験プログラム「両親学級 世帯経営セミナー」
https://www.3522navi.com/events/archives/category/partner
それぞれが仕事や家事・育児に一所懸命取り組む日々の中、自分やパートナーがどういう状態を望んでいるのか?何に不安や課題を感じているのか?講師を務める私たち夫婦の体験談の他に、これまでリサーチを重ねてきたご夫婦の事例を交えた「産前産後のリアル」をお伝えしながら、ワークショップやディスカッションを通して「夫婦会議」を体感いただく場です。

「誰にでも起こりうる産前産後の危機を乗り越え、我が子に幸せな家庭環境を創り出せる夫婦になる」そのためのキッカケをお届けします。子育て中のご夫婦はもちろん、妊娠中のご夫婦、これからお子さんをお考えのご夫婦、新婚さん、結婚前のカップルさん、ぜひご参加ください!