慣れない育児に奮闘!身も心も大忙し!
そんな「産後の妻」を持つ夫の皆さま。

こんな動画を、ご存知ですか?

サムネイル

American Greetingsというアメリカのグリーティングカードメーカーが「母の日のキャンペーン」のために製作した動画。「世界で一番過酷な仕事」と書かれた求人広告を見てきた人と、ビデオチャットで面接を実施した様子が映し出されています。

  • 職  種:Director of Operation(現場総監督)
  • 勤務時間:基本24時間(週135時間以上/週7日)、徹夜あり、休憩はほとんど無し
  • 必須能力:交渉力、交際力、医学、金融学、栄養学
  • 特  徴:複数のプロジェクトを担う
  •      立ち仕事で体力を使う仕事が多い
  •      常に周りに注意を払う必要がある
  • 備  考:休日やクリスマス、正月にはさらに仕事が増える
  •      ランチはすべての同僚の後に食べることになる
  •      すでにこの仕事を担ってきた人(先輩)が数十億人いる
  • ​給  与:0円(ボランティアのような感じで完全無給)

想像を超えた労働条件に「ありえない」「クレージーだ」と呆れる求職者たちですが、その仕事が「お母さん」だと知った時の様子…笑いと涙、深く納得した表情がとっても印象的です。

筆者もこれを見て、実家の母のことを思い浮かべました。
そして、少しだけ涙しました。

こうしたストイックさで家族を支えてきてくれたこと・・・そのことにまず、頭が下がる思いがしたからです。

あなたの妻は、大丈夫?

でもその一方で、「世界で一番過酷な仕事」と言われる状況を、お母さんたちの「当たり前」にし続けて良いの?という疑問もあるわけで。

何より、もしお母さんに成り立てのあなたの妻が、ここにある動画と同じように過酷な状況に陥っていたとしたら、それはやっぱり何かを変えるタイミングなのでは?という気がしてなりません。

産後、自分のケアもままならない中で数時間おきに授乳やオムツ交換を行ったり。細切れ睡眠で寝不足状態の中、食事の支度や掃除をしたり。ミルクの吐き戻しで汚れた産着や布団を1日に何度も洗濯したり。何をしても泣き止まない我が子を何時間も立ったまま抱っこし続けたり。このような状況は、ほとんどのお母さんが経験済みだとしても、「あなたの妻」がどう感じているかは別のお話

産後の妻の毎日を、夫としてどんな風に見ていますか?

過去に習うべきは習い、受け継ぐべきは受け継ぎながらも、「お母さんだから」という理由だけで過酷な仕事を一手に引き受けることになっていないか?この動画にあるような非人道的な働き方が、あなたの妻の日常になっていないか、今日は少しだけ、想像してみてほしいなと思います。

なぜならこれは、「お母さんと赤ちゃんの健康や生命、夫婦や家族の関係性に関わること」だから。

過酷に感じられる状況があったとして、それを夫婦で協力して変えていける術はないでしょうか?
夫であるあなたにも、産後にできることはたくさんあります。
その最たるものが、「一緒に乗り越えていこうとする気持ちをちゃんと言葉にして伝える」ということ。その上で、夫婦ふたりで具体的に何かを変える行動を起こすこと。こうした積み重ねの中で、新たな夫婦のパートナーシップを模索していくことが大切です。

妻は妻。自分のお母さんじゃないけれど・・・

何はともあれ、今日5月13日(日)は、あなたの妻の「母の日」です。

泣いたり笑った怒ったり。
赤ちゃんと過ごす時間の中で、少しずつお母さんになっていく妻へ。
「母の日」をきっかけに、日頃の感謝や労わりの気持ちを言葉にして伝えられたら素敵ですね。

妻は自分のお母さんではないけれど。
今日という日は、我が子のお母さんであるあなたの妻にとって特別な1日のはず。

まだ言葉を発することができない我が子に代わって伝えるというのでも構いません。
恥ずかしがらずに「いつもありがとう」の一言を伝えてみてくださいね。
そして妻の皆さんも素直な気持で「いつもありがとう」と笑い返してみましょう。

夫婦・家族の絆が強くなる。そんな1日を過ごせることを心から願っています!^^

「夫婦会議」を始めてみませんか?

ふたりのペースで「夫婦会議」を始めてみる!

夫婦で産後をデザインする「世帯経営ノート」
https://www.3522navi.com/guide/archives/52

子育て期のご夫婦が、夫婦・家族の明るい未来に向けて「夫婦会議」を進める際にお役立ていただける、書き込み式のノートブックです。産後も仲良し夫婦でいるために何を話し合えば良いか。幸せな家庭づくりに向けて、どのように協力し合っていけば良いか。

家事、子育て、仕事、お金、住まい、セックス、自由時間、美容と健康、祖父母との関係など、テーマごとに設定された質問や例題に夫婦で回答する内に、夫婦のパートナーシップが強くなっていきます。わが子に幸せな家庭環境を創り出していける夫婦になるために。大切なことを前向きな気持ちで対話できる夫婦であるために。夫婦・家族の明るい未来に向けて、ぜひ一家に一冊お持ちください。

よその夫婦と「夫婦会議」を始めてみる!

夫婦会議体験プログラム「両親学級 世帯経営セミナー」
https://www.3522navi.com/events/archives/category/partner
それぞれが仕事や家事・育児に一所懸命取り組む日々の中、自分やパートナーがどういう状態を望んでいるのか?何に不安や課題を感じているのか?講師を務める私たち夫婦の体験談の他に、これまでリサーチを重ねてきたご夫婦の事例を交えた「産前産後のリアル」をお伝えしながら、ワークショップやディスカッションを通して「夫婦会議」を体感いただく場です。

「誰にでも起こりうる産前産後の危機を乗り越え、我が子に幸せな家庭環境を創り出せる夫婦になる」そのためのキッカケをお届けします。子育て中のご夫婦はもちろん、妊娠中のご夫婦、これからお子さんをお考えのご夫婦、新婚さん、結婚前のカップルさん、ぜひご参加ください!