「価値観が違いすぎて、もう無理!離婚したい!」

・・・もしかして今、そんな風に思っていませんか?

未就学時を育てるご夫婦の離婚率は高く、厚生労働省の最新の調査(2016年度)では日本の母子世帯の「39.6%が子どもが2歳になるまでに離婚」「59.3%が5歳までに離婚」という結果もあるほど。この内、どの程度のご夫婦が実際に「価値観の違い」を理由に離婚に至っているのかは分かりませんが、現在進行形で価値観の違いに悩んでいる方の脳裏には「離婚」の二文字が浮かんでいるというケースが少なくないようです。

しかし、離婚を考えるほど許せない「価値観の違い」って、一体何なのでしょう?

家事のこと?子育てのこと?働き方のこと?お金のこと?セックスのこと?それとも…?

「問題の本質を見極める努力」をしてからでも遅くない。

そもそも価値観とは、何にどのような価値があるのかを判断する基準のこと。

かち‐かん【価値観】

物事を評価する際に基準とする、何にどういう価値を認めるかという判断。「価値観の相違」 出典:大辞泉(小学館

物事や出来事の数だけ価値観が存在するため、もしあなたが「価値観の違い」という一言で夫婦関係を切り捨ててしまうとしたら、それは自分にも相手にも少々乱暴な決断…と言わざるを得ないかもしれません。

アレもコレもソレも引っくるめて価値観の違いという一言に集約してしまうのはある意味「思考停止」に陥っているのと同じです。せめて「◯◯についての価値観の違いが気になっている」というように、何に関する価値観の違いを問題視しているのか、具体的に言語化できるところまで自分の内面を掘り下げる必要があるでしょう。

あなたが問題に感じていることは何ですか?

「価値観の違い」というもっともらしい言葉に捉われることなく、まずは自分の中に渦巻く不安や不満などのネガティブな感情を一つひとつ書き出しながら、丁寧に自分の心の声を聴き取ってあげてください。

その上で出てきた問題がやっぱり何らかの価値観の違いだとしたら・・・そこではじめて、離婚を考えるほど重たい違いなのか、冷静に見極めていけるようになるのではないでしょうか。

夫婦関係に結論を出すのは、問題の本質を見極める努力をしてからでも遅くはありません。

「ビジョンの共有」をしてからでも遅くない。

また、価値観の違いを感じた際には「ビジョンの共有ができているかどうか」にも目を向けてみてほしいと思います。

どんな自分でありたいか?
どんな夫婦・親・家族でありたいか?
未来に向けて、どんな夢や目標を持っているのか?

もし、一度もこうした話題で話し合ったことが無いとしたら、あなたもパートナーも、コミュニケーション不足。お互いのビジョンを共有したり、わたしたちとしての共通ビジョンを創り上げていくこと以上に、価値観の違いを探すことに情熱を注いでいる…とも言えるかもしれません。

夫婦関係は、敵対関係ではなく、協力関係を築いていくことに重きを置いたコミュニケーションが鍵を握ります。実際には、家事の配分や子どもへの接し方、お金の使い方など、価値観の違いを感じるポイントは山積みかもしれませんが、違いに目を向けるよりも「共通点を探す」つもりで、お互いのビジョン=ありたい姿・目指したい未来を重ね合わせていくことが大切です。

ちなみにビジョンは、はっきりとしたイメージを言葉にできる人ばかりでは無い上に、ライフイベントを機に変化することもあるものなので、定期的に話題に出して確認し合うのがおすすめです。

いずれにしても、ビジョンは人生を共に歩むと決めた者同士、最も共有しておきたいテーマ!
夫婦関係に結論を出すのは、ビジョンの共有を試みてからでも遅くはないでしょう。

夫婦関係に限らず、異なる人間同士が関わる場面において「価値観の違い」は付き物です。一向に価値観が交わら無いということもあるでしょう。それでも、お互いの気持ちを尊重しあいながら対話を重ねていかない限り、理解・協力し合える関係を築くことはできません。

ここに挙げた例のように「問題の本質を見極める努力」や「ビジョンの共有」を行ってみてください。自分の気持ちの奥深くを見つめ直すことや、相手との共通点を見出す努力は無駄ではありません。表面的な感情に捉われたり、価値観の違いを指折り数えたりするよりも、ふたりの関係を前向きで建設的なものに変えてくれます。

今よりもっと素敵な夫婦関係を築いていけるように。子どもたちにより良い家庭環境を創り出していけるように。未来につながる明るい兆しが出てくることを、心から願っています!

「夫婦会議」を始めてみませんか?

「夫婦会議」とは?

「夫婦会議」とは、人生を共に創ると決めたパートナーと、より良い未来に向けて「対話」を重ね、行動を決める場のことです。自分一人の意見を通すため・相手を変えるために行うものではありません。特に育児期においては、わが子にとって、夫婦・家族にとって「より良い家庭環境」を創り出していくことを目的に行います。家庭は社会の最小単位であり、子どもたちが最初に触れる社会そのものです。大切なことを前向きな気持ちで対話していきましょう。

▼「夫婦会議」についてもっと詳しく知る
https://www.3522navi.com/start/

ふたりのペースで「夫婦会議」を始めてみる

よその夫婦と一緒に「夫婦会議」を始めてみる