産後夫婦ナビ 妊娠期からの夫婦のパートナーシップを応援

メルマガ登録はこちら
MENU

ふたりのペースで「夫婦会議」をはじめてみる

よその夫婦と一緒に「夫婦会議」をはじめてみる

わたしから「わたしたち」へ

子どもを授かって嬉しいと思う反面、実際に夫婦の間に一人二人と加わっていくと、家事や育児、働き方のことなどですれ違いを感じる機会が増えるもの。その理由の一つに「夫婦でキャリアを考える機会の不足」があります。
(キャリア:仕事だけでなく日々の暮らしや人間関係を通じて築き上げる「人生」そのもの)

そもそも夫婦の話題が子どものことに終始しがちな中、子どもや自分自身のキャリアを考えることはあっても、パートナーのキャリアまで考える人は少ないものです。しかし、それで本当に良いのでしょうか?

子どもはいつか巣立ちます。
長い夫婦生活の中で再びふたりに戻る時、そこに今よりも深い信頼関係があるかどうかは、夫婦が互いの意思を尊重するなかでパートナーシップを発揮し、一人の人間として、夫婦・家族として、幸せな選択を重ねることができたかどうかに掛かっています。

結婚して、妊娠して、出産して、育児がはじまって…あなたはその時々で、自分のパートナーがどんな将来を思い描いているのか、把握できていますか?互いに思い込みで、夫婦の役割を固定化しているようなところはありませんか?

共働きか専業かに関係なく、夫と妻の役割が分断されがちな産前・産後は、日常のあらゆる場面でお互いの考え方や行動にズレが生じやすくなる時期。そこから、産後うつ、DV、虐待、育児放棄などの「母子の命に関わる危機」や、産後クライシス、セックスレスなど「離婚に繋がる危機」に発展することもあるのです。

だからこそ、定期的にお互いの「ありたい姿(理想)」を共有しあいながら、夫婦として、家族としての未来をつくっていくことが大切。

今まさに子どもを授かったご夫婦も、すでに子育て中のご夫婦も。「世帯経営」という考え方をヒントに、対話を通じて合意形成できる関係を築いていきませんか。現実を分かち合える唯一の存在。それが夫婦であり、「わたしたち」と呼び合える関係性自体が夫婦の特権です。

誰にでも起こりうる産後の危機を乗り越え、わが子に幸せな家庭環境を創り出していける夫婦になるために。産後夫婦ナビでご紹介しているツールや情報を活用して、ぜひ定期的に「夫婦会議」を行ってみてください。産後をキッカケに、更に素敵な夫婦のパートナーシップを築いていけますように。ご夫婦・ご家族の明るい未来を、心から願っています。

「夫婦会議」とは?

「夫婦会議」とは、人生を共に創ると決めたパートナーと、より良い未来に向けて「対話」を重ね、行動を決める場のことです。

自分一人の意見を通すため・相手を変えるために行うものではありません。特に育児期においては、わが子にとって、夫婦・家族にとって「より良い家庭環境」を創り出していくことを目的に行います。

家庭は社会の最小単位であり、子どもたちが最初に触れる社会そのものです。大切なことを前向きな気持ちで対話していきましょう。

「対話」とは?

「対話」とは、価値観の違いを尊重し、互いに納得のいく結論を導き出していくコミュニケーションの一種です。

日常的な「会話」はもちろん大切ですが、妊娠期〜産後は「対話」によるコミュニケーションの重要度が増します。なぜなら、あらゆる場面ですれ違いが起き易くなるのがこの時期の特徴だから。

実際に、家事、子育て、仕事、お金、住まい、セックス、自由時間、美容と健康、祖父母との関係など、多様なテーマで現実に向き合い、お互いにとって心地よい「働き方や暮らし方」を模索していくことは容易ではありません。時には、「言えば喧嘩になる」「気まずくなる」という場面もあるでしょう。しかし、ネガティブな感情を乗り越えていかない限り「夫婦の信頼関係」を深めようがありません。

生涯を共に歩むと決めた相手に対して自分の感情や考えをきちんと伝え、大切なことを話し合って決めていきましょう。

「世帯経営」とは?

夫婦は「世帯の共同経営者」。
世帯経営とは、“わたし”だけでなく“わたしたち”で未来を創るという姿勢で、世帯の共同経営者である夫婦の理想をカタチにする思考法です。

“わたしたち”を主語に夫婦会議を行うと効果的。「僕が、私が」とお互いの主張を競い合う関係から、「私たちとして、どうするか?」という視点で対話を進めていくことができるようになります。

※「世帯経営」はキャリアデザインの観点に基づく思考法です。あらゆる世代のご夫婦にお役立ていただけますが、夫婦関係の土台が形成される初期段階(結婚前〜産後数年)に取り入れていただくことをおすすめしております。
※「世帯経営」はLogista株式会社の商標登録です。(登録番号5898897号)

夫婦会議の「議題・テーマ」

会議には議題・テーマが必要。しかし、いざ夫婦会議を始めようと思っても「何を話し合えば良いかわからない…」「どう進めたら良いかわからない…」というご夫婦は少なくありません。

そんなご夫婦は、まず初回の夫婦会議で「ビジョン(お互いの在りたい姿・目指したい未来)」の共有から始めてみてください。その上で、わが子により良い家庭環境を創り出していくために一度は話し合っておきたいテーマ「世帯経営領域」を参考に対話を深めていくことをおすすめします。

お互いの「ビジョン」の共有にはじまり、あらゆる「理想と現実」をテーマに対話を重ねる夫婦会議。

家事、子育て、仕事、お金、住まい、セックス、自由時間、美容と健康、人間関係…ここに挙げた9つの「世帯経営領域」は、子育て期夫婦の対話の基本テーマですが、中でも「人間関係」が大きなテーマになってくることは少なくありません。

なぜなら、子育ては夫婦の間だけでは完結しないから。
祖父母、仕事仲間、友人、隣近所の方、保育園や幼稚園の先生、病院の先生など、周囲の方々の理解と協力が、必ずどこかで必要になります。「ごめんなさい、ありがとうございます」の精神で、
少しずつ力を借りながら、我が子にとってより良い子育て環境を創り出していくことも親になった夫婦の大切な役目です。子育てを取り巻く人間関係についても、ぜひ積極的に夫婦会議のテーマに挙げてみてくださいね。

夫婦会議の「進め方」

「議題・テーマ」を決めて夫婦会議を始めても、行き詰まってしまうことがあります。

そんな場合には、「進め方」が上手くいっていないのかも…?実際に、現状把握(納得感があることや不安や不満に思っていることの把握)ができていない状態で理想の共有を進めても、白けた気持ちや諦めムードが拭えないことがあります。また、夫婦で理想の状態を共有できていない中、解決策や行動計画ばかりを話し合ってみても、本気で何かを変えていくような協力体制を築くことはできません。

夫婦会議を行う際は「進め方」も大切!
始めてみたものの上手くいかない…という場合には、次の3つのステップを参考に「夫婦会議の進め方」を見直してみてくださいね。

「夫婦会議の進め方」

Step1:現状を把握する
Step2:理想を共有する
Step3:理想の実現に向けて、何をどうするか考え行動する

 

また、夫婦会議を進めていく上で、次の5つの「対話のコツ」も参考にして頂けましたら幸いです。

「対話のコツ」

1、「わたしたち」を主語にする
わたしたちとしてどうするか?を考え決める。

2、「ん?」と思ったら確認。お互いの感情や考えに関心を持つ
価値観の違いを感じた時ほど相手に関心を持ち、「どうしてそう思うの?」「もう少し詳しく聴かせて?」などと質問をする。

3、価値観の違いを受け止める
繰り返しやり取りを重ねてみても価値観が交わらない場合には「そういう感じ方・考え方もあるのだな」と、相手の主張を自分の頭の中で一旦考えた上で受け止める。

4、遠慮しない、過信しない、諦めない
「迷惑をかけたくない」と遠慮したり、「夫婦だから言わなくても分かるはず」と過信したり、「元は他人だから分かるはずがない」と諦めたりせず、夫婦の信頼関係を深めていくつもりで自分の感情や考えを言葉にする。

5、ふたりで夫婦会議のルール・マナーを考える
お互いのコミュニケーションの癖を踏まえて、「目を見て話す」「話は最後まで聞く」「否定から入らない」など、前向きに対話を続けていくためのルールやマナーを考える。


はじめのうちは上手くいかないこともあるかと思いますが、夫婦会議は、回を重ねるほどに楽しく有意義な場になっていきます。ここまでにご紹介してきた「進め方」や「対話のコツ」なども参考にしながら、まずはご夫婦のペースで夫婦会議を続けてみてください。また、詳しくは弊社で発行している夫婦会議ツール「世帯経営ノート」や「夫婦会議ノート」にまとめていますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね!

世帯経営ノート購入はこちら

夫婦会議プロジェクト

新着記事News

パパ&ママのための「夫婦会議の体験講座」【1/19(土)北九州市】

イベント

【開催報告】実践しよう!夫婦会議《連続講座③:お金編》〜子育て夫婦のためのライフデザ・・・

イベント

産後クライシスで離婚…対話で予防!今すぐ始めたい「夫婦会議」

産後夫婦ガイド

【開催報告】パパ&ママのための「夫婦会議の始め方講座」〜小郡市/子ども育成課〜(20・・・

イベント

パパ&ママのための「夫婦会議の始め方講座」【12/15(土)奄美市】

イベント

求人情報

赤ちゃんにやさしい国へ

産後夫婦ナビ[妊娠期からの夫婦のパートナーシップを応援!]