夫婦間で、「事前に確認してくれれば良いのに」「どうして相談もせずに決めたの?」というやり取りをした経験はありませんか?

独身カップルの頃には「強引だけど頼もしい彼」「てきぱきとしたしっかり者の彼女」と思えていた長所が一変!結婚し、ふたりの間に子どもが生まれる産前産後の時期には、「独断スタイル」として夫婦間の溝を深める一因になることがあるのです。

どく‐だん【独断】

[名](スル)
1 自分ひとりで物事を決断すること。また、その決断。「社長の独断」「取引の開始を独断する」
2 自分の思い込みだけで、公正を欠いた判断をすること。また、その判断。「結論が独断に陥る」「独断と偏見」

それもそのはず!産前産後は「これから」を考え、新しい夫婦・家族のカタチを再構築していくタイミング。
そうした大切な時期に・・・

・妊娠をキッカケに、夫から「うちの親と一緒に住んだ方がラクだろう」と義両親との同居を決められた。
・育児にも積極的に取り組みたいのに「家のことは私に任せて、あなたは仕事を頑張って」と妻に言われた。
・土日のどちらかは家族で過ごす時間をつくりたいのに、夫が趣味や友人との予定を勝手に入れてしまう。
・「うちは○○だから〜」と、夫婦で話し合ったことが無い内容でも「夫婦の総意」として話をされる。
・(夫が、妻が)一言も相談することなく会社を辞めてしまった。


など、相談や確認もなく自分の考えだけで物事を進められてしまうと、「モヤッ」と「イラッ」とした感情を通り越して、「自分は必要とされていない、信頼されていない」など、相手を不安な気持ちにさせてしまうことがあります。

ではなぜ、相談や確認もせずに「独断」してしまうのでしょう?

自分自身を含め、パートナーとのコミュニケーションにおいて何らか思い当たることがある人は、この後に続く「独断スタイル」の特徴と改善策をぜひ参考にしてみてください。

「正しいことをしている」という思い込み

「どうして相談もせずに決めてしまったの?」

…と尋ねると「何か間違ってた?」「これが一番良いと思うよ?」という答えが返ってきた!という経験はありませんか?自分の価値観やペースに他者を引き込んでいくことを得意とする(自信がある)人に見受けられる受け答えで、無意識的か意識的かに関わらず、独断で物事を進めがちです。

自分は正しいことをしているのだから感謝されて良いはずだ。
自分がこの件について一番詳しいのだから、従っておけば良い。

などと、「自分が一番正しい・詳しい」と思っている可能性があります。

夫婦関係において、テキパキと物事を進めていくことが必ずしも良いとは限りません。ある物事について、パートナーよりも早く・深く考えていたとしても、それは「あなた一人の答え」にすぎず、「夫婦の答え」にはなっていないのです。

自分の都合を優先するあまり、ふたりで答えを導き出すプロセスを大切にできないいようでは夫婦の間に対等で健全な信頼関係を築くことはできません。

もしあなたのパートナーがこのタイプに該当する場合、「率先して考えてくれてありがとう」と前置きしつつ「話し合って決めていける夫婦でありたい」と率直に伝えてみてください。その積み重ねが、産前産後を乗り越えていける夫婦の信頼関係に繋がっていくはずです。

「自分が何とかしなくては」という責任感

独身カップルの頃や夫婦二人だけの頃であれば感謝されていた?かもしれない責任感や潔さ、決断力が、産前産後の夫婦の溝を深める原因になることがあります。

夫「(産後数日のタイミングで…)ベビーカー買ってきたよー!これでいつでも外に出れるね!」
妻「え!?私○○のベビーカーを買いたかったんだけど…。どうして何も言わずに買ってくるの?」

妻「母が実家に戻って産んでほしいって言うから、里帰り出産の手続きを進めてきた」
夫「え!そうなの!?俺、立会いとか1年間の育休とか、前向きに考えてるんだけど…」

「自分が何とかしなくては」と、自分で考え結論を出す力がある人に見受けられがちな独断行動とも言えます。

共通するのは「責任感が強く、先回りして気を使う」という点。
人に迷惑をかけてはいけない、妻を引っ張っていかなくては、夫に心配をかけないようにしなくては・・・などと、相談することなく自分でどんどん決めていきます。しかし、相手を気遣う中での行動であったとしても、相手の感情を逆撫でしたり、傷つけるような結果に繋がってしまえば本末転倒です。


もしあなたのパートナーがこのタイプに該当する場合、「ふたりにとって大切なことだと思うから、一緒に考えて決めていけると嬉しい」とやんわり伝えてみてください。案外「相談すればよかったのか!」と納得してくれるかもしれません。

「どうせ分かってもらえない」という諦め

相談しても無駄。どうせ真剣に聴いてくれない。相手にしてくれない。

パートナーがこうした「諦めの気持ち」を抱いている場合にも、独断に走るケースがあります。背景には「誰も自分のことを分かってくれない(分かろうとしてくれない)」という諦めの気持ちが見え隠れすることも…。

もしあなたのパートナーがこのタイプに該当する場合、事態は深刻です。

「そもそも、何がパートナーをそのような考えにさせたのか」
その点を探っていく必要があります。

付き合っている頃からそうだったのか?
結婚してからそうなったのか?
それとも子どもが生まれてからなのか・・・?

注意深く、パートナーとのこれまでのやり取りを振り返ってみてください。
そして、相手が心を閉ざす様になった原因が、もしもあなた自身にも見つかったとしたら「ごめんね」の一言を惜しまず伝えてあげてください。

「自分のことを分かってくれるはずがない」と決め込んでいる相手の心をほぐすのは容易なことではありません。「あなたのことを知りたい。あなたともう一度向き合いたい。あなたの味方でいたい」そんな姿勢で、根気よく相手の心の声に耳を傾けていくこと大切です。

「対話型のコミュニケーション」を大切に

夫婦間の信頼を揺るがす「独断スタイル」。

次から次にいろいろな物事を決めていかなくてはならない妊娠〜産後・育児期には、こうした一方的なコミュニケーションに陥りがちですが、夫婦間でこの状態が常態化することだけは避けたいもの。

「わたし」個人の気持ちや考えを尊重しながらも、「わたしたち」夫婦としての答えを創りあげていく「対話型のコミュニケーション」を意識して、より良い夫婦関係を育んでいけると良いですね。

人生を共に創っていくことを決めたおふたりが、産後もより良い夫婦のパートナーシップを発揮できますように!ご夫婦・ご家族の未来が明るいものになっていくことを心から願っています!

「夫婦会議」を始めてみませんか?

「夫婦会議」とは、人生を共に創ると決めたパートナーと、より良い未来に向けて「対話」を重ね、行動を決める場のことです。

自分一人の意見を通すため・相手を変えるために行うものではありません。特に育児期においては、わが子にとって、夫婦・家族にとって「より良い家庭環境」を創り出していくことを目的に行います。家庭は社会の最小単位であり、子どもたちが最初に触れる社会そのものです。大切なことを前向きな気持ちで対話していきましょう。

ふたりのペースで「夫婦会議」を始めてみる