地震や台風、豪雨など、各地で自然災害が続く中、「いざという時の備え」はできていますか?

内閣府の防災担当が公開している避難所の運営等に関する実態調査(平成27年3月時点)によると、赤ちゃんを含む要配慮者への物資を備蓄している自治体は「55%」とのこと。避難所に行けば大丈夫だろうと思いきや、身の回りのお世話が必要な赤ちゃんに関する物資は、なかなか手に入りづらいこともあるようです。

赤ちゃんを連れて避難することになった時に慌てずにすむように。
今回は、いざという時に落ち着いて行動するために知っておきたい最低限の防災知識として以下3点をご紹介!

1、赤ちゃんの防災グッズ
2、簡易オムツの作り方
3、母乳・粉ミルクの代替品

すでにご存知の情報でも「夫婦で共有できているかどうか?」という視点で、読み進めて頂けたらと思います。

1、赤ちゃんの防災グッズ

避難所での生活を余儀なくされた時、赤ちゃんがいるご家庭では大人とは異なる防災グッズが必要になります。

基本的には、普段赤ちゃんを連れてお出かけをする際に持ち歩いているものプラスアルファ程度にはなりますが、現状用意されている防災バッグ(非常用持ち出し袋)の中に「最低3日分」は用意できているか?以下のリストを参考に、ぜひ一度ご夫婦で確認してみてください。

備えておきたい赤ちゃんの防災グッズ

※季節やお子さんの成長に応じて定期的に防災バッグの中身を見直しましょう

・母子手帳
・医療証
・健康保険証
コピーをとって保管しておく。母子手帳は出生時の情報と予防接種の記録を最低限コピー。
・ガーゼ
・タオル
・毛布(ブランケット)
タオルは小さいものばかりでなく、体を包んであげられるバスタオルサイズもあると良い。
・着替え靴下や靴など、小さな足を守るアイテムも忘れずに。
・オムツ
・おしりふき
月年齢によるが、1日に使う平均枚数を考えて用意する。おしりふきは体を拭きあげるのにも重宝するので多めに用意しておくと良い。
・粉ミルク/哺乳瓶
・離乳食/おかし
・水(軟水)
・スプーン/ストロー/コップ
普段おっぱいだけで育てている赤ちゃんでも、念のため粉ミルクを用意(スティックタイプのものが軽くて良い)。離乳食はスプーン付きのものが何かと便利。
・絵本
・おもちゃ
月年齢に合わせたおもちゃや絵本を用意。大きな音が出る物は避ける。
・歯ブラシ
・保湿剤
・爪切り
赤ちゃんや小さな子どもが使えるサイズ・素材の衛生用品は避難所で手に入りにくい。事前の用意がとても大切。
・ビニール袋
・チャック付き袋
ビニール袋は簡易オムツを作る際にも役立つ「レジ袋サイズ」のものから、体を覆える大きめのサイズのものまで、荷物にならない範囲で数持っておくと良い。チャック付き袋も、ちょっとしたものを小分けしたり保存したりする際に重宝する。
・抱っこ紐大人の両手が使える状態にできるタイプの抱っこ紐を用意。
・使い捨てカイロ暖をとる際だけでなく、離乳食やミルクを温める際にも有効に使える。

被災地域の状況によっては「オムツ」や「粉ミルク」などの必需品がすぐに手に入らないという場面に遭遇することもあるかもしれません。

そこまで困窮を極める状況にならないことを願うばかりですが、もしもの時のための豆知識として「簡易オムツの作り方」と「母乳・粉ミルクの代替品」をご紹介させていただきますので、いざという時に思い出して頂けましたら幸いです。

2、簡易オムツの作り方

簡易オムツの作り方はとっても簡単! 

1)レジ袋を用意します。
2)レジ袋の持ち手と両脇を切り、長い一枚のビニールにします。
3)2)の上にタオルや清潔な古着などを敷きます。
4)赤ちゃんのお尻に当て、おむつのようにかぶせて腰のあたりで結びます。

これだけで、完成です!

普段のオムツのような快適なつけ心地ではないかもしれませんが、「オムツがない…」ということに対するパパやママの心理的な負担を減らすことが、結果的に赤ちゃんの情緒の安定にも繋がります。いざという時には試してみてくださいね。

また、オムツ交換の際にはおしり以外の部分を含め、赤ちゃんの肌の状態も気にしてみてください。被災生活の中でお風呂に入ることができない状況が続いた場合、「あせも」や「とびひ」などの肌トラブルを抱えるリスクが高まります。たとえお湯を浴びることができないとしても、おしりふきや濡らしたタオルで体を拭くなど、清潔さを保つ努力は続けましょう。

3、母乳・粉ミルクの代替品

母乳育児を行っている方の中には、被災のストレスで一時的に母乳が出辛くなる方もいらっしゃいます。

しかしこれは一過性のもので、万が一母乳の出が悪くなっても、お母さん自身が水分や栄養補給を続けていれば、赤ちゃんが吸う刺激で母乳はつくられると言われています。

「もう出ない」と諦めてしまう前に、できるだけリラックスした状態でおっぱいを吸わせてあげられるよう、周りに協力してもらいながら授乳環境を整えてみてください。

その一方で、被災時には「赤ちゃんの脱水症状や低血糖を防ぐこと」を第一に考えた行動も大切です。

赤ちゃんのおしっこの出が悪い(回数や量が減っている)など、母乳で十分な水分を摂取できていないような症状が見られた際には、粉ミルクの利用をはじめ、下記のような方法で糖分や水分を補うことも検討してください。

・糖水(氷砂糖やスティックシュガーをお湯で溶いたもの)
・お米のとぎ汁(お湯で薄めたもの)
・果汁(果物ジュースを水やお湯で薄めたもの)
・経口補水飲料(ポカリなどをお湯で薄めたもの)


※お湯が沸かせない時には、カイロなどでぬるくした冷たすぎない水を使用します。

普段から母乳しか受け付けない、哺乳瓶でしかミルクを飲まないなど、赤ちゃんによってはいつもと異なる状況下での水分補給が難しい場合もあるかと思いますが、根気強くコップやスプーンを口に当ててあげる中で赤ちゃんは上手に飲んでくれるようになります。なるべく清潔な容器を使って、糖分や水分を補ってあげてくださいね。

「普段から協力し合える夫婦関係」を大切に

いかがでしたか?

備えや心得の有る無しで状況が一変する避難所での生活。中でも、赤ちゃん連れでの避難は想像以上に人手や物を要し、行き届かない分ストレスが大きいと言われています。

そうした中で、夫婦・家族間はもちろん、周囲とも協力し合いながら避難所生活を乗り越えていけるように。まずは、夫婦であらゆる状況を想定しながら、我が子の状態や住んでいる地域の特徴に応じた防災対策について話し合う機会が持てたら心強いですね。

わずかな情報ではありましたが、ご夫婦・ご家庭ごとの防災体制を考えるキッカケになっていれば幸いです。
思い立った時に、ぜひ話し合ってみてください!

「夫婦会議」を始めてみませんか?

「夫婦会議」とは、人生を共に創ると決めたパートナーと、より良い未来に向けて「対話」を重ね、行動を決める場のことです。

自分一人の意見を通すため・相手を変えるために行うものではありません。わが子にとって、夫婦・家族にとって「より良い家庭環境」を創り出していくことを目的に行います。家庭は社会の最小単位であり、子どもたちが最初に触れる社会そのもの。大切なことを前向きな気持ちで対話していける夫婦であるために、新習慣として取り入れてみませんか?

ふたりのペースで「夫婦会議」を始めてみる!

夫婦で産後をデザインする「世帯経営ノート」
https://www.3522navi.com/guide/archives/52

家庭も仕事も大切にしたい…もっと夫婦で協力し合えたら…。そんな産後のご夫婦の声を元に開発した「夫婦会議ツール」です。家事、子育て、仕事、お金、住まい、セックス、自由時間、美容と健康、祖父母との関係など、産後の夫婦がすれ違いやすいポイントに的を絞って質問や例題を設定。夫婦を世帯の共同経営者に見立てた「世帯経営」というオリジナルの概念を用いて二人で問いに向き合う内に、大切なことを前向きな気持ちで対話できる夫婦関係が築かれていきます。

家庭は社会の最小単位であり、子どもたちが最初に触れる社会そのものです。わが子に幸せな家庭環境を創り出していける夫婦であるために。夫婦・家族の明るい未来に向けて、ぜひ一家に一冊お持ちください。

よその夫婦と「夫婦会議」を始めてみる!

夫婦会議体験プログラム 両親学級「世帯経営セミナー」
https://www.3522navi.com/events/archives/category/partner

それぞれが仕事や家事・育児に一所懸命取り組む日々の中、自分やパートナーがどういう状態を望んでいるのか?何に不安や課題を感じているのか?講師を務める私たち夫婦の体験談の他に、これまでリサーチを重ねてきたご夫婦の事例を交えた「産前産後のリアル」をお伝えしながら、ワークショップやディスカッションを通して「夫婦会議」を体感いただく場です。

「誰にでも起こりうる産前産後の危機を乗り越え、我が子に幸せな家庭環境を創り出せる夫婦になる」そのためのキッカケをお届けします。子育て中のご夫婦はもちろん、妊娠中のご夫婦、これからお子さんをお考えのご夫婦、新婚さん、結婚前のカップルさん、ぜひご参加ください!